夢占いの種類と特徴について

私たちは、夢を見ることで自分自身の深層心理の中にある何かしらのメッセージを得ることができます。私たちが普段考えていることや心の葛藤などが、寝ているときに脳裏に表れるのです。そもそもこの占い方法は東洋と西洋で解釈が異なるので、もし自分にとって悪い結果が出てもあまり深刻に考えることはないです。昔は、庶民の娯楽として利用されていた時期もありました。そして、この占いでは過去からの経験則をもとに結果が出されているものが多いです。

ゆえに、この占い方法の根拠は昔から曖昧です。しかし、この占いは遠い過去である古代エジプト時代からあったといいますから驚きです。さらに、この占いは有効期限もあります。有効期限は、ある夢を見てから1〜2日が多いようです。それでは本題に入りますが、見るとよいものひとつに雪崩があります。これは、雪崩が自分のもとにお金を引き寄せてくれるというメッセージがこめられており、非常に縁起のよいのです。また、蛇もお金が貯まることを意味しています。火事も、はじめは嫌なことを意味していると思われるかもしれませんが、大きな利益や繁栄を意味していてとても良い夢なのです。そして財布を拾うものも存在するのですが、これはお金ではなく意外な人から告白されることを意味しています。雷に打たれる夢は、初対面の人と恋に落ちる暗示であり、夕焼けがでてくるそれは新しい恋人ができるという暗示です。

ただ、逆に悪い夢というのもあります。それは、自分に選択のヒントを教えてくれるものなので必ずしも悪く捉える必要はありません。第一に人がいなくなるような夢を見るなら、まわりの人間関係に難がないか見直してみる必要があります。これは、自分の努力次第で良い方向に改善することができます。たとえば自分が道を歩いていて他人がいなくなっていくというのは、自分自身の防衛本能が見せるものでもあり、注意が必要ということです。その場合、そのいなくなる人が自分にとって苦手な人なら占い的に吉なので喜んでもかまわないでしょう。ほかにも自分自身への警告を意味するものに、学生時代の夢というものがあります。たとえば、学生時代の友人が出てきたら、それは人間関係にトラブルがあるということなので注意が必要です。また、教室に自分の席がないような光景を寝ているときに見たなら、それは自分が過去にこだわりすぎていることを意味していると考えてください。人生は前に進むことこそ重要であり、過去を考えても意味はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*